スタジオ開設に込めた思い - LiiSportsStudio

スタジオ開設に込めた思い

療育に込めた思い

こんにちは!
リィ スポーツスタジオ 代表の廣瀬あゆみと申します。

ここでは、私の思いやスタジオのこだわりをお伝えできればと思います。

私はこれまでのお仕事で、進路相談や採用面接など人生の岐路に立ち会う場面が多くありました。そこで強く感じたのが「みんな同じでなければならない」という価値観による「1人1人の個性のおさえこみ」の強さでした。もっとのびのび自分らしさを出せれば、きっとこの子はもっと輝くんじゃないかと、何度思ったかわかりません。

私自身、0歳と3歳の男の子の2児の母であり、子どもの成長に感動し、悩み、一喜一憂しています。キレイゴトだけでうまくいかないこともよくわかっているつもりです。

ただ1つ大事にしたいと思っているのは ”唯一無二の自分の人生” であるということ。どこまでいっても、子どもの人生は子どものもの。それは親も同じです。

誰かの常識を気にして顔色を伺ったり、自分を押し込めて誰かの価値観に合わせるのでなく、みんなが「自分の人生を生きられる世界」
さらには「人生をオモシロく生きられるような世界」を、スポーツ療育を通して実現させます!

◆ リィスポーツスタジオのこだわり

①マンツーマンの運動療育
お天気や、ご機嫌、環境によって日々いろいろな感情の中で生きるお子さまにとって「みんなで同じことをしましょう!」という支援と「みんなにハッピーな気持ちになってもらう」というゴールの両立は、はじめの時点ではかなりハードルが高いことだと思っています。

まずは、トレーナーが1対1でお子さまに向き合い、全力で運動を楽しんでもらいたいと思っています。(もちろんトレーナーも全力で楽しみます!笑)

その中で、人数を少しずつ増やしながらお友だちとルールのあるスポーツをしたり、勝ち負けを楽しみながら、社会の中でたくましく生きていくチカラを身につけていくことを目指します。

②日本初のデジタルスポーツ療育
私たちは「楽しい!」が持つチカラを最大化させたいと思っています。楽しいからこそもっとやりたい、もっとやるからどんどんできるようになる、「できる」が「得意」になってもっと大好きになる…。

どうすれば、リィらしい「楽しさ」を通して支援できるだろうか、とトレーナーはじめ、言語聴覚士や理学療法士の方と開発したメニューが「デジタルスポーツ療育」です。

「壁に現れたモンスターをやっつけろ!」
「ワニさんから逃げろー!」
「あの一番星をタッチしたら、満点の星空になった!」
「好きな色の風船を狙ってみよう!」

お子さまたちに体験してもらったときの驚きやワクワクの表情は、今やトレーナーの大きな原動力となっています。
デジタルを活用して、リィにきてもらうからこそ味わえる「非日常」を提供します。

③人生を楽しく生きるトレーナー集団
お子さまたちを幸せにするには、まずトレーナー1人1人が幸せであることが絶対条件だと考えています。福祉のシゴトをアップデートすることも、私たちのミッションです。「自分の人生をオモシロく」する1つとして、リィスポーツスタジオでのトレーナーで価値を発揮する。そうして楽しく生きているトレーナーと一緒に過ごすことによって、関わる子どもたちや保護者のみなさまにも「人生をオモシロく生きる」ことをポジティブ感染させていきたいと思っています。
資格や経験があれば誰でもいい、ではなく、リィスポーツスタジオの目指す世界観を共闘できる仲間のみの精鋭集団となっています。

長くなりましたが、これが私たちの目指す世界、こだわりです。

たくさんお問い合わせをいただき、トレーナーみんなで歓喜の日々を過ごしています。

まだ空きはございますので、ご質問だけでも遠慮なくご連絡くださいね。お待ちしております!

リィ スポーツスタジオ
代表 廣瀬あゆみ

タイトルとURLをコピーしました